食べることなんでも研究所

春の七草


  • 行事ごと

1月7日は七草粥を食べよう! 春の七草ってなに?

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、ずずしろ これぞ、ななくさ
と私は、わらべ歌の唱え文句で覚えています。

七草粥は、実家でも母がちゃんと作ってくれていましたが、
母には何を入れるかに対して厳密さがなく、
「7種類以上はいっているからいいの!」のノリで、
畑には、ほうれん草、春菊、水菜、ブロッコリー・・・緑の野菜はたくさんあるので、
七草とは関係ないそういうものも入っていたように記憶しています。

七草は、その辺りのあぜ道で集められる草だったのですが、
確かに、今の時期は花がついていないので、
中でも、なずなとほとけのざが見分けられるか、田舎育ちの私も自信がないです。

最近は、パック詰めにされた七草が売られるようになり、
わざわざ集めなくてもすむ手軽さで、
簡単に七草粥を食べることができます。

そして、私は今年も近所のスーパーでの購入でした。
IMG_20160107_192131

正月七日の七草粥は、無病息災を願う習わしで、元来、平安時代の宮中行事でしたが、その後、貴族から、庶民にも広がりました。
七草とは、芹、なずな、御形、はこべら、仏の座、すずしろ、すずなの七種。
パックから全部出すと、こんな感じです。七種を確認してみます。

IMG_20160107_193351

 

はこべら(ハコベ)
IMG_20160107_193022

ほとけのざ(コオニタビラコ)
IMG_20160107_193048

なずな(ペンペングサ)
IMG_20160107_193104

ごぎょう(ハハコグサ)
IMG_20160107_193122

せり
IMG_20160107_192922

すずな(蕪)
IMG_20160107_192939

すずしろ(大根)
IMG_20160107_193001

おかゆは、アサヒの活力鍋のおかげで、
”米を研いで米の4~5倍の水、おもりが揺れだしたら弱火で8分”でできてしまいます。
IMG_20160107_194201

ざっと湯がいて細かく切った春の七草をおかゆに入れて混ぜ、ひと煮たちさせると完成です。
IMG_20160107_194221

生麩をのせて、いただきました。
IMG_20160107_194745

今年も一年、健康で無事すごせますように・・・




Pagetop