食べることなんでも研究所

P1000442


  • 果物

富士柿を干柿にしてみる

毎年どこかから、渋柿をいただいて、
干柿にするのだが、
今年はどこからも回ってこなかった。

実家にも渋柿があるのだが、
「富士柿」という大きな種類の柿。

店頭では渋抜きしてから売っているので、
そのまま食べられるが、
木からとったものは、もちろん渋い。

実家では、
アルコールにつけてみたり、
完熟にして食べたり、
毎年もてあましていたが、
完熟の柿はあまり好きではなかったので敬遠していた。

今年は干柿にしていたので、
実家でひとつ食べてみた。

とろっとした食感も、
思いがけず、美味しかったので、
木からちぎったものをもらって帰ることにした。
IMG_20151102_195856

数日経過したら、
ひとつ完熟に・・・これはまずい!

もったいなから、
ジャムしてみようと思い立ち、
きび糖を入れて煮てみた。
それなりにジャムらしくなった。
IMG_20151102_202649
残りは、
慌てて皮をむいて、吊るしてみた。
P1000441
干した後は、
カビ防止に、焼酎をスプレーボトルに入れて、
霧吹くようにしている。

湯通しがいいとやっていたことがあるが、
カビが生え、
アルコール類でスプレーが一番簡単で、
カビが生えにくいという結論に至っている。
IMG_20151102_211035
なんといっても、
天気がよく、湿度が低いのが一番うまくいくが・・・

そろそろ食べれるかと思っていたら、
ひとつ墜落。
P1000444
干し過ぎたら固くなっていく
ふつうの干柿と違うということがわかった。

これは、干し過ぎたら、ぼたっ!と落ちる。
好きそうな友だちにあげたりしつつ、慌ててたべたのであった。




Pagetop